東京・横浜の演技教室・エンターテインメントスクールN’S (エヌズ) |お芝居の初心者からプロの俳優を目指す方まで演技・映像・インプロのエンタメ学校

WOOD PRO ART GROUP
コース紹介
映像演技コース

1回完結型・単発!映像演技ワークショップ

「カメラの前で役として生きる」
作った演技はスクリーンから伝わってしまいます。
不必要な感情表現や身体表現に気付き、役が生きているような自然な演技を目指しましょう。

レッスン内容
課題に沿ってカメラ撮影を行い最後にモニターでチェックします。
自分の演技を実際に見て振り返ることで客観的に分析できます。

課題1「何もしない」
シンプルだけど難しいこのレッスン。自分という素材について知る時間です。

課題2「シナリオ演技」
自分自身の経験や想像力を使って演出意図を理解し、
シナリオ・役を掘り下げ、共演者との生きた会話を目指します。
回ごとに様々な台本を使うのでリピートするごとにステップアップできます。



講師「高山直美」から

演劇の演出脚本を担当するうちに形に残る映像作品を作りたくなり2012年から短編映画を撮りはじめました。そこで自ら編集中に映像向きではない演技に気付きます。それは「無駄な動きが多い演技」。

原因はさまざまで
・緊張している
・感情を作っている
・演技をしにいっている
・セリフが腑に落ちてない など

そこでカメラ前演技のためのレッスンを研究し「映像作品を撮影する」映像演技ワークショップをはじめました。この講座は一回完結の単発用に凝縮したものになっています。

『気軽に参加できる』『気付きをたくさん持ち帰れる』をポイントにしています。
初心者の方でも大丈夫!是非お気軽にご参加ください。



日時 土曜 16:30〜18:30
場所 中野校(アクセス
料金 3,000円
定員 6名程度
参加資格 経験不問・心身ともに健康な中学生以上の方
講師プロフィール

高山直美
脚本家、演出家、映画監督
2007年 テレビ局、デザイン会社勤務を経て独立しフリーへ。
2008年 クリエイター養成スクールに入学、脚本や映像制作などについて学ぶ。
2010年 芸術で社会貢献を目指すNPO法人にて舞台脚本・演出を手がける。
2012年 短編映画「房江」で映画監督としてのデビューをはたす。
2012年 演劇や脚本のワークショップ講師としての活動を開始。
2014年 演技スクール「エンターテインメントスクールN'S(エヌズ)」を開校。
2017年 演劇・映像で活動する劇団「チームエヌズ」を立ち上げ。

制作歴 2017年『役者になりたい』
妙善寺映画祭 ベストドリーム賞受賞、おもいがわ映画祭 上映 他
2016年『うどん侍』
取手映画祭 ゲンキニッポン賞受賞、さぬき映画祭 上映
2016年『ここにいる』
栃木・蔵の街かど映画祭 グランプリ、岩槻映画祭 審査員特別賞受賞 他
2015年『夢みるカフェ』
映画少年映画祭 観客賞受賞、福岡インディペンデント映画祭 上映 他
2014年『お前、本当に梅吉か?』
したまちコメディ映画祭入選、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 入選 他
日程確認・参加お申し込みはこちらから

※必要事項をご記入のうえお申し込み下さい。折り返し案内メールをお送りいたします。
※案内メール記載の振込先へのご入金お願いいたします。ご入金の確認をもって受付完了といたします。

ページの先頭へ
エヌズ
Copyright (C) Entertainment School N’S CORPORATION All Rights Reserved.